拡大移転・説明会開催中 2/18 プリスクール2/25 初等部

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • Line

English

MENU

サイエンスレッスン紹介

アフタースクール 2021.11.01

CGKアフタースクールでのレッスンについて紹介いたします。

CGKの2ヶ月間に渡って行うプロジェクト活動では、メインとなる”Driving Question”に基づいて学んでいきます。
今回の「サイエンス」レッスンでのDriving Questionはこちらです。

「CGK Zooをどのようにデザインできるでしょうか?」

この問いに沿って、毎週子どもたちの興味を引き出す楽しいレッスンを行いました。
担当していたKitty先生のコメントをご紹介します。

Week 1
生徒たちは、スライドショーで世界の動物園を紹介し、CGKの動物園を設計する際に必要となる多くのプラス面と課題についてブレーンストーミングを行いました。学生たちは、動物福祉に重点を置いたさまざまな側面に関連して、素晴らしい議論を展開しました。学生たちは、自分の意見や好みを明確に述べ、問題提起によく取り組んでいました。また、動物園でどんな特別なアトラクションを見たいかについても話し合っていました。このプロジェクトをどちらに持っていくか、クラス内で意見が分かれました。グループで動物園を作り、それを組み合わせて大きなクラスの動物園を作るというアイデアには多くの人が賛成していましたが、この方法ではみんなが一緒に働けるかどうか心配で、みんなが喧嘩してしまうのではないかと考える人もいました。生徒たちはそれぞれの長所と短所について大いに議論し、今週中に考えて、次の火曜日に方向性を決めることにしました。長時間の議論の後、生徒たちは個々に計画冊子を作成し、自分たちの動物園にどんな動物を飼うか、特別なアトラクションをデザインするかなどを決めました。

Week 2
生徒たちは、第1週で話し合ったことを簡単に復習した後、自然の生息地にいる動物たちのスライドショーと、動物園の動物たちの囲いの画像を見ました。生徒たちは、動物たちが必要としているものについてコメントし(例:ペンギンは泳ぐために水が必要、サルは登るために必要など)、どれくらいの広さが必要かについても考えました。先生は、来場者が動物を見る方法として、囲いの中を見下ろしたり、地上から見たり、下から見たりする方法を生徒たちに考えてもらい、いくつかの画像を例として示しました。また、ライブカメラで撮影された動物たちの映像を見て、動物たちがどのくらいのスペースを持っているかを比較しました。グループディスカッションの後、生徒たちはプランニングパックを使って、動物園の設計図の最初のドラフトについて考え始めました。先生が計画に盛り込むべき要件のリストを説明し、生徒たちは動物、お店、トイレなどをどこに配置するかを考え始めました。

Week 3
クラスでは、さまざまな動物園の地図を見て、動物の囲いがどのように配置されているかを確認しました。生徒たちはエリアの名前を読むことができ、同じエリアにいる似たような動物(例:大型ネコ、サル)を識別することができ、大陸や似たような生息地で区切られたエリアを見ることもできました。生徒たちは、大陸の配置には感心せず、動物たちがより広いスペースを持っているように見える地図に好意的な意見を述べていました。地図について話し合った後は、クラスでどのようにプロジェクトを進めていくかを話し合いました。大きなクラスで動物園を作ることのメリットとデメリットを話した後、小さなグループで作業することを考えました。何人かの生徒は、大きなプロジェクトが意見の相違や議論につながることを懸念し、小さなグループで作業することにしました。作業グループを決めるために名前のルーレットを行い、動物園で囲いを作りたい10種類の動物について話し合うことになりました。

Week 4
生徒たちは協力して動物園の最終的なレイアウトを決め、それぞれの囲いの大きさを考え、リストにある必要条件(レストラン、トイレ、ギフトショップなど)をすべて盛り込むようにしていました。計画が完成したら、どの囲いの設計を始めたいか、グループでどのように作業するかを考えました。グループで作業するか、個人でデザインするかの選択肢が与えられ、一人で作業することを選んだ人もいましたが、ほとんどの人はペアで作業することを希望しました。デザインを描いた後、どのような材料を使うかを考え、どのように作りたいかを先生に説明しました。説明を受け、アドバイスやヒントを求めた後、生徒たちは物を作り始め、協力して作業を進めました。グループは自分たちが作り始めた計画や作品を発表し、自信を持ってフィードバックや提案をすることができました。

Week 5
生徒たちは動物園のための動物の囲いの制作を続けました。生徒たちは自分たちのデザインを考え、教室にあるリサイクル素材をどのように使ってスペースを作るかを考えていました。生徒たちは自分たちが作ったものを順調に進め、グループ内でうまくコミュニケーションをとっていました。

Week 6
各グループは動物園での作業を続け、様々な動物のための囲いを作っていました。生徒たちは、問題となっているものをどうやって固定するかアドバイスをして、グループの友達をサポートしていました。あるグループは、10匹の動物の囲いを作り終え、動物園の設計図を見ながら、段ボールにレイアウトを考え始めました。生徒たちは自分たちの作品をグループで発表し、友達は作品について質問していました。

 

Week 7
生徒たちはチェックリストを渡され、10個の動物の囲いがすべてできているかどうかを確認しました。10個の動物の囲いができたら、ギフトショップ、トイレ、スナックスタンドなどの製作を始めます。各グループがプロジェクトに取り組んでいる間、先生は各グループに声をかけて回り、生徒たちが最終的なプレゼンテーションで何を言いたいのかを考えさせていました。どのグループもZooの完成度が高く、生徒たちも楽しそうに作業をしていました。

Week 8
学生たちにとって最後の作業週ということで、全員が動物園の制作を終えなければなりませんでした。2つのグループは段ボールにすべてを固定し、1つのグループは動物の囲いや追加のパーツを作っていました。その後、生徒たちは自分たちの作品を発表し、お互いにフィードバックをしました。

Week 9
生徒たちは、Zooプロジェクトの作品発表を見事にこなし、自分が作ったものを説明するときには、はっきりと自信を持って話していました。ほとんどの生徒はプレゼンテーションスキルが高く、マイクを持ったままきちんと立って発表することができました。
 
   

著者プロフィール

末木オウヨン小枝  -  スクール・ディレクター  (日本)JAPAN

大学時代は、アメリカの大学へサッカー留学(4年間)し、全米で優勝。
CGKプリスクール・CGKアフタースクールでの保育士とマネジメントの経験を経て、CGKインターナショナルスクール全体のディレクターへ。

プロフィールを見る  >

View All