入学説明会開催中 12/10 初等部12/11 プリスクール

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • Line

English

MENU

「現代の絵本をゼロから一緒に作っていくにはどうしたらいいのか?」

アフタースクール 2022.10.21

CGKアフタースクールでのレッスンについて紹介いたします。
アフタースクールではオリジナル探究活動をベースにしたレッスンを行っています。

各プロジェクトにはドライビングクエスチョンと呼ばれるテーマが決められていて、今回のテーマは「現代の絵本をゼロから一緒に作っていくにはどうしたらいいのか?」というものでした。生徒たちはこのテーマに沿って議論をしたり、リサーチをしたりして学んでいます。一つのプロジェクトは3か月に渡って取り組まれ、先生たちは生徒たちの興味をもとにレッスンをガイドしていきます。

それでは先生によるレポートを紹介します。

1週目

Darby先生は、物語の主要な構成要素を紹介し、生徒が自分の考えを共有し、自由な議論の中でそれを発展させることを探究しました。生徒たちは、ちょっとしたガイダンスを通して、キャラクター、筋書き、設定など、物語の鍵となる様々な要素を特定し、それらがなぜ物語の成立に重要であるのか、理解を深めることができました。生徒たちは、ドラゴンとタコスについての楽しいインタラクティブな物語を鑑賞し、その感想を話し合う機会を得ました。

ストーリーテリングについての理解を深めるために、Darby先生は「ストーリー、ストーリー、ダイ」というゲームを行いました。このゲームでは、1人の生徒がその場で作った物語を話し始め、前触れもなく語り手が他の人に交代し、その人が物語を話し続けなければなりません。このゲームでは、生徒が集中し、注意深く話を聞き、大きな想像力を持つことが必要ですが、生徒たちはたくさんの楽しい物語を作り出し、このアクティビティをとても楽しんでいました。

2,3週目

Dr.Seussの「Can You Read with Your Eyes Shut?」を読み、Dr. Seussの概念を紹介しました。生徒たちは、本の内容についてクラスで話し合いました。その後、サーカスの動物やパフォーマーについての本「Circus McGircus」を読みました。生徒たちは、それぞれの列車に何が入っているのかについて話し合ったあと、先生は、今日のプロジェクトは、自分たちの車両とキャラクターを作ることだと伝えました。これらは、文学の側面にある設定とキャラクターを見直すものです。生徒たちは、教室にあるどんな材料でも使うことができ、自分の列車とその登場人物を作ることができます。生徒たちは、授業が終わるまでに完成させることはできませんでした。その代わりに、生徒たちは自分たちの作品を発表し、来週までに何を仕上げなければならないかを話し合いました。来週は、電車を完成させ、自分たちのプロジェクトについてのショートストーリーを完成させる予定です。

Dr. Seussのコンセプトを復習するために、Dr. Seussの「All The Places You Will Go」を読みました。色、キャラクター、本の様々な側面について話しました。その後、生徒たちは車両のプロジェクトを続けました。ほとんどの生徒が完成させることができました。生徒たちはよく協力し合い、よく話していた。生徒たちは、自分たちの列車のコンセプトや背景について話し合うことができました。

4,5,6週目

Darby先生はDr. Seussの「Fox in Socks」を読みました。その後、フリップブックの紹介をしました。そして、自分たちのフリップブックを作成する方法を説明しました。そして、言葉や絵、あるいはその両方を使って、フリップブックの中で何をするか計画を立て始めました。ただし、始めと終わり、中間と終わりのあるストーリーを作ることが条件です。

Darby先生は、サークルタイムにDr. Seussの本を生徒たちに読み聞かせましたが、それには始まりも終わりもありませんでした。生徒たちはディスカッションを通して、このような物語はフリップブックではうまくいかない、物語の流れや方向性を考える必要があるという結論に達しました。プロジェクトの方向性について質問する機会を得た後、生徒たちはフリップブックのプランに取り組みました。 

Dan先生は、このプロジェクトの最終作品の方向性を決める必要があると説明し、生徒たちにグループに分かれてアイデアを出すように頼まれました。グループディスカッションが終わる頃には、2つのグループが映画制作を、2つのグループがより伝統的な絵本制作を希望していました。

7,8,9週目

今週は2クラスに分かれ、Dan先生は絵本を作りたい2つのグループ、Darby先生は映画を作りたいグループを担当しました。映画のグループは1つの大きなグループになり、Darby先生と一緒にストーリーの前提を考え、合意することにしました。このクラスでは、誰が、どこで、何をするのか、そして物語には始まりと終わりと中間が必要であることを念頭に置きながら、ストーリーに取り組みました。

Dan先生は、映画班が一度に多くのことに取り組めるよう、役割分担をしながら指導してくれました。しかし、生徒たちはまずグループとして、豆の茎を登って巨人の家を発見するシーンを追加することで、ストーリーをさらに発展させることを選択しました。映画班のみんなは、とても協力的で、熱心に物語を作り上げていました。ストーリーが決まった後は、各グループの役割分担を外交的に決めました。人形のキャラクターを作る人、台詞を作る人、物語の舞台を作る人。本のチームは、物語の下書きを終え、最後の作品作りに取りかかりました。

10,11週目

生徒の投票により、今週はプロジェクトの時間を延長し、プレゼンテーションの時間を設けず、プレゼンテーションの練習週にすべてを準備することに集中できるようになりました。Dan先生は映画班と一緒に役割分担をし、全員が本当によく働き、必要なものをすべて終わらせることができました。

本のチームは、来週のプレゼンテーションの練習を始めるのに十分な時間で終了することができました。もう一つの本チームは、ほぼ完成していますが、今週の自由時間に最後のページを仕上げる予定です。ある生徒は、この本に大きなプライドを持っており、ここ数週間、自発的かつ意欲的にこの本を完成させようとしています。教室の反対側では、映画チームがiPadを使って映画を録画し、全員が合意した台詞を使いながら、さらに台詞やストーリーの好きな部分を追加していきました。

12週目

最終発表会では、すべての生徒が素晴らしいパフォーマンスを見せ、私たちは彼らを誇りに思います。各生徒が様々な分野を改善し、楽しく学んでいるのを見るのは素晴らしいことです。

Mr. Dan
Ms. Darby

View All