入学説明会開催中 12/10 初等部12/11 プリスクール

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • Line

English

MENU

「私たちと自然との関係は持続可能なのか?」

アフタースクール 2022.11.16

CGKアフタースクールでのレッスンについて紹介いたします。
アフタースクールではオリジナル探究活動をベースにしたレッスンを行っています。

各プロジェクトにはドライビングクエスチョンと呼ばれるテーマが決められていて、今回のテーマは「私たちと自然との関係は持続可能なのか?」というものでした。生徒たちはこのテーマに沿って議論をしたり、リサーチをしたりして学んでいます。一つのプロジェクトは3か月に渡って取り組まれ、先生たちは生徒たちの興味をもとにレッスンをガイドしていきます。

それでは先生によるレポートを紹介します。

CGKアフタースクールでは、国際的な問題について批判的に考えることができる、情報通のグローバル市民を育てることが重要であると確信しています。このため、SDGsは私たちのプロジェクトで主要な役割を果たし、生徒の思考の最前線となっています。今回のテーマは「私たちと自然との関係は持続可能なのか?」という問いには、生徒たちはすぐに、現在の人類と自然との関係は不適切であると結論づけました。

重要な用語について話し合った後、生徒たちは「The Lorax」という本を一緒に読み、持続可能性に関するメッセージについて話し合いました。生徒たちはこの本について多くの意見を持っており、活発な議論が行われました。その後、生徒たちは資源管理と持続可能な消費の重要性を伝えるためにゲームを行いました。まず、動物や植物などの生き物を書き出し、箱の中に入れます。次に、その生き物が生きていくために必要な資源(O2、Co2、太陽光、食料、水など)について考え、紙に書いてテーブルに散らばせました。生徒たちは、箱から生き物を取り出し、教室内を歩き回って資源を探しました。十分な資源があれば、それを取って安全に過ごすことができます。もし、十分な資源がなければ、死んでしまいます。大きな動物を持つ生徒は小さな動物を持つ生徒を食べることもでき、このゲームはとても楽しく、生態系の相互関連性を強調する役割を果たしました。一度遊んだ生徒はルールをより理解し、再び遊ぶことができましたが、今度は生き物バッグの中に人間が登場しました。このゲームでは、人間がどれだけ資源を消費しているかということを実際の生活に反映させるために、人間が多くの資源を消費する必要がありました。その結果、人間はより多くの資源を消費し、生態系に大きな負担をかけてしまい、他の生物に十分な資源が行き渡らなくなってしまいました。生徒たちは、これは本当に不公平なことだと考え、持続可能性の重要性について大きな議論をすることになりました。

生徒たちは、リサーチパックやiPadを使って、プロジェクトに関連するSDGsについて調べ、知識をさらに深めました。生徒たちは2つのチームに分かれ、「陸上の生命」と「水中の生命」というSDGsについて調べました。生徒たちは協力してポスターを作成し、自分たちの知識を他のグループと共有するために発表しました。

 

生徒たちは、SDGsの基本的な問題についてより広い理解を得たので、次はこれを自分たちの日常生活に関連付ける番です。生徒たちは教室で自然を観察した後、関内周辺の自然観察ウォークに出かけました。観察したことをクリップボードに書き出し、クラスで共有し、ディスカッションを行いました。 

生徒たちは、自分たちに関係のある内容であることを前提に、「もし世界が現在のような持続不可能な道を歩み続けたら、誰がより大きな影響を受けるか」という質問を受けました。その結果、「自分たち」という答えが返ってきました。生徒たちは、環境問題が自分たちに最も大きな影響を与えるにもかかわらず、自分たちは子どもだから何もできないと考えているようでした。そこで、子どもたちが世界にプラスの影響を与えることができることを示し、自分たちの主体性を強調するために、学生が中心となって行った抗議活動や、世界に大きな影響を与えたGreta Thunbergのような人物を取り上げ、議論しました。次に生徒たちは、関内周辺で観察した問題について考え、「それについてどうしたいですか」という質問を投げかけられました。

生徒たちはまず、ゴミ拾い、ソーシャルメディアキャンペーン、抗議活動、建物の設計など、自分たちがやってみたいさまざまなアイデアについて話し合いました。議論を重ねた結果、生徒たちは3つのグループに分かれ、それぞれが興味のある分野に焦点を当てました。あるグループは、グーグルアースで関内の建物の屋根が活用されていないことに気づき、そのデッドスペースを人と地球のためになるものに変えようと考えました。その解決策は、手紙を書くキャンペーンで、アフタースクールのビルの屋上を庭にしたい理由を書きました。別のグループは、環境の持続可能性に関するメッセージを込めた人形劇を制作し、撮影を行いました。また、別のグループは、持続可能性に関する映画を制作しましたが、観客が映画を鑑賞した後のプレゼンテーションの時間に、ライブでディベートを行う要素を取り入れました。最後のグループは、持続可能性について人々に伝えるためにポケモンを使ったオリジナルの絵本を作りました。 

このプロジェクトを通して、生徒たちは持続可能性に対して大きな関心を示し、現状がいかに持続可能でないかに落胆していることがわかりました。CGKでは、生徒が自分たちの力で世界を変えることができるよう支援することが大切だと考えています。

 

Mr. Dan

View All