入学説明会開催中 12/10 初等部12/11 プリスクール

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • Line

English

MENU

イタリアンレストラン体験 ~本格レストランを訪れた小さなお客様~

プリスクール 2019.06.03
ブログでの紹介が大変遅くなりましたが、CGKではフレンチレストラン「Le Salon de Legumes(ル サロン ド レギューム)」のオーナーの鈴木様と、2017年度から毎年食育の計画を立てており、昨年の2018年度からは、鈴木様のご紹介でイタリアンレストラン「Primo(プリモ)」様にもご協力を頂いて、7月にはパスタ作り、そして2月にはイタリアンレストラン体験を行いました。

イタリアンレストラン体験

2019年2月に行われたこのイタリアンレストラン体験では、前回同様レストランを貸し切りにし、昨年に引き続き第2回目です。
この第2回目では3部制で24組63名の方にご参加いただきました。

本格的なレストランでの体験なので、レストランのスタッフの方には子どもたちに「ご予約のお名前は?」と聞いていただくようにしていました。いつもとは違う雰囲気で子どもたちは緊張の表情で入店をし、恥ずかしそうにしながら「○○です。」と名前を言ったり、緊張のあまり保護者に隠れてしまう子もいました。

レストランは貸し切りだったので、多少賑やかでもかまわないとレストランの方から言っていただき、その代わりお願いとして、「子どもたちが落ち着かないからと言って、スマホなどで動画を見せたりすることはしないでください」と言われました。やはり、マナーを守ることも大切ですが、食に大切なことは「食事を楽しむ」ということなので、そのことは保護者の方にも伝え、協力していただきました。

イタリアンレストラン体験

また、乾杯から始めるというレストランの方からの提案でオーナーシェフの洲脇様にご挨拶と乾杯の音頭をとっていただき、食事が始まりました。
豆のスープや玉ねぎの料理がサーブされる時は、調理前の素材を見せながら料理の説明をしていただいたり、珍しいメダル型のパスタ(コルツェッティ)がサーブされる時は茹でる前のパスタと柄をつけるためのスタンプを見せていただいたので、子どもたちは食べる前に食材に触れることもできました。
メニューは、このCGKのイベントだけのために考えて下さったメニューであり、味は子どもに寄せたものではありませんでした。「大人が食べておいしいと思うものは、子どもが食べてもおいしい」と洲脇シェフが仰っていた通り、子どもたちは大人より少しだけ少ない量のフルコースをよく食べていました。

イタリアンレストラン体験 イタリアンレストラン体験 イタリアンレストラン体験

普段は苦手とする食材を食べてみている子や、園のレッスンで行った、ナイフとフォークの置き方(食事中と食事後)を覚えていて、その時にあった置き方をしている子の姿も見られるなど、いつもとは違った場所・雰囲気、しかし、知っているお友だちと食べる食事は楽しく良い経験になったと思います。

Primoのスタッフの方にも、「今回のイベントは楽しみにしていました。そして、今日はとても楽しく、子どもたちから元気をもらいました。」という嬉しいお言葉もいただきました。今後も、子どもたちもレストランの皆様にも楽しんでいただけるイベントを開催していきたいと思います。

このイベントにご協力いただいた、Primo様には心から感謝申し上げます。
Reiko

View All