入学説明会開催中 12/10 初等部12/11 プリスクール

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • Line

English

MENU

「言葉(ことば)」の力

プリスクール 2017.10.17
幼児期は言葉が大きく成長する時期で、大人やお友だちと会話したり、テレビや歌などから、どんどん新しい言葉を覚えていきます。その中で、「悪い言葉」も覚えていきますが、それは成長していく中で、なかなか避けられないものです。

実際に園でも「お前」「やめろ」「あっち行け」など、乱暴な言葉を使う子もいますし、保護者の方からも相談があったので、日本語の時間のレッスンに取り入れることにしました。

まずは、言葉は相手を「喜ばせる」ことも「怒らせる」ことも「悲しませる」こともできることを伝えました。
「○○くん、好き」「〇〇ちゃん、かわいいね」「もう、一緒に遊ばない」「あっち行け」「お前がいけない」など、たくさんの例を挙げて、子どもたちがどう感じるかを考えてもらいました。

言葉の力言葉の力

そして、言葉は叩いたり、押したりした時のような痛みはないけれど、みんなの「心が痛く」なることをイラストを見せながら伝えました。心は目に見えないので、理解するのは難しいですが、これからお友だちと過ごしていく中や社会でとても大切なことです。

言葉の力言葉の力

子どもたちが少しでも理解しやすいように、「お友だちが座っている間に入りたいときはどうするか」という例を実際に行ってみることにしました。
無理やり押しのけて入ったり、「ここ!」と怒鳴ってみたりすると、子どもたちはすぐに「それはだめ!」と答えてくれました。そこで、良い例をやってもらうために、一人の男の子にお願いすると、「座りたいから、入れて」と落ち着いた声でお友だちに伝えることができ、座っていた子も「いいよ」と受け入れてくれました。

言葉の力言葉の力

次は悪い例の先生の出番です。「そこ座りたいの!入れてよ!もー!」と怒鳴り声で言うと、「だめ」と断られてしまいました。そこで子どもたちには、その2つの例の違いについても考えてもらいました。このことから子どもたちに伝えたかったのは、入れてもらいたいのなら、お友だちが「いいよ」と言ってくれるような言い方をすることが大事だということです。

悪い言葉や乱暴な言葉を使うのには、新しい言葉を使うことが楽しかったり、表現の仕方がわからずに相手に正しく伝えられない、そもそも悪い言葉という認識が無いなど様々です。ですので、ただ「悪い言葉は使ってはいけない」と言うのではなく、その子がなぜそのような言葉を使ったのか、何を伝えたいのかなど、その子の気持ちや背景を理解したうえで、「自分が言われたらどう感じるのか(相手はどんな思いをするのか)」を考えさせながら、向き合っていくことが必要です。

Reiko

View All