馬車道校 (2~3歳児)

日本語

045-222-6467

英語

045-228-9397

関内校 (4歳児~12年生)

日本語

045-211-4427

英語

045-211-4690

English

糖分、摂りすぎ注意!

プリスクール 2017.09.26
保護者の方から「“糖分の摂りすぎはよくない”という内容のレッスンをしてほしい」とのご要望があり、「砂糖(糖分)」についてのレッスンを行うことにしました。

砂糖が含まれるものは、ケーキやチョコレート、ジュースなど、甘くておいしいものばかり。大人にとっても、甘いものが好きな人にはなかなかやめられないものです。そんなおいしいものを、子どもたちに「食べ過ぎてはだめ!」と言っても、なかなか「わかった」と言える子はいないのではないでしょうか。

糖分糖分

園ではただ「甘いものを食べすぎてはいけませんよ」と言うのではなく、「なぜ」なのか、しっかりと理由を伝えて、子どもたち納得・理解してもらうようにしました。
まずは「甘いものはおいしいよね」と子どもたちが甘いものが好きなことに共感します。そのうえで、「でも、甘いものを摂りすぎると…」と、子どもたちが食べているものに、砂糖がどれくらい入っているか(角砂糖の個数で表示)が書かれている表で確認していくと、砂糖の多さは実感できないようでしたが、それぞれに入っている砂糖の量の比較(チョコレートよりケーキのほうが砂糖が多く入っているなど)はできたようです。

糖分糖分

そして、糖分を摂りすぎると「虫歯になりやすくなる」「元気がなくなる」「成長に必要な栄養が足りなくなる」など、具体的に「なぜ、よくないのか」を伝えました。

糖分糖分糖分

すぐには、行動に移すことができなくても、このような知識を頭の片隅に入れることで、いつか、人に言われて行動するのではなく、自分の健康を考え、自分で行動できるようになってもらいたいです。

著者プロフィール

Reiko  -  プリスクール・副スクール長  (日本)JAPAN

CGKインターナショナルスクール2016年開校時からのオープニングメンバーであり、現プリスクール長。保育士。
認可保育園での勤務後、ビクトリア(カナダ)へ海外留学。帰国後は、インターナショナル・プリスクールにて主任の経験も。大のディズニー好き。

プロフィールを見る  >

View All